注文住宅 相場

あなたの考える注文住宅の相場がわかる方法!


ご存知ですか?自宅にいながら
複数のハウスメーカーや工務店の資料や見積を比較できる方法があることを・・・

注文住宅と土地の割合はどれくらいが一般的?

注文住宅と土地の割合はどれくらいが一般的

 

注文住宅と土地

 

注文住宅の場合、住宅とは別途ご自身で土地を用意する必要があります。
ですから希望の住宅を建てる構想をあれこれと考える前に、
一体土地にはどれほどの予算を充て、

 

 

そして住宅にはどれだけのお金が使えるのかという
割合を考えておいた方が良いでしょう。一体多くの方々は、
土地と注文住宅の比率はどの様になっているのでしょうか。

 

注文住宅の土地費用

 

いくら土地費用として使い、建物費用としていくら使うのかという事は、
各家庭によって異なります。

 

 

一般的に、土地の代金の方が重きを置く場合には、土地のコストにより
お金を使う場合には土地重視型の注文住宅という呼ばれ方をしていて、
逆に建物費用の方が重きを置いている場合には、建物重視型と呼ばれたりします。

 

注文住宅,土地,割合,一般的

 

 

この土地費用と建物費用の割合ですが、実は希望がどうなのか、
という事よりも立地予定の場所によって大きく左右されるというのが現実です。

 

 

 

例えば都心や繁華街などに近くなればなるほど、自ずと土地費用も高くなる
という特徴があり、そういった所から離れた、土地の安い郊外などであれば、
土地費用も安くなり自然に建物費用に割けるお金も多くなります。

 

注文住宅,土地,割合,一般的

 

 

ですから一般的に言うならば、都内など都心近くに注文住宅を建てる場合には
土地重視型、つまり土地に掛ける割合が高いという事になり、逆に郊外の場合には、
広い土地に大きな注文住宅を建てる事が出来ますから、建物重視型にあると言えるでしょう。
参考にされてより良い注文住宅を建てて下さいね。

 

 

 

>>>土地の価格はどうやって決まっているの?

 

注文住宅の費用を安く抑える方法!


インターネットを使えば簡単に複数の会社から一括見積りをもらうことができます!